• HOME
  • 独立・開業
  • 美容師が夫婦経営で独立開業するには?必要な準備と成功するためのコツ

美容師が夫婦経営で独立開業するには?必要な準備と成功するためのコツ

美容師として働いていれば、多くの人が一度は考える独立開業。独立開業にベストなのは、美容師としての実力が身に付き、気力も体力も充実している30歳前後といわれています。また、このくらいの年齢になると、結婚して家庭を築く美容師も多くなってきます。
そこで想像するのが、夫婦で美容院を経営すること。美容師が夫婦経営でサロンを独立開業するためには、どうしたらよいのかお伝えします。

美容師の独立開業に必要な準備

美容師が独立開業を考えている場合、前もってしっかりと計画を立てて準備しておく必要があります。たとえば、サロンの形態ひとつとっても、フランチャイズやのれん分けにするのか、全て自分たちで決めて個人でお店を開業するのかといったことなど、考えておかなければならないことはたくさんあります。

ここからは、特に夫婦二人で独立してサロンを開業するための具体的な準備についてご説明します。

コンセプトを決める

サロンを独立開業することを決めたら、まず考えておきたいのがお店のコンセプトです。コンセプトはこれから始めるサロンの「核」ともなる、重要なポイント。ターゲットとする客層やサロンの雰囲気、価格設定、そして何より「どんな理想を持って開業するか」「どんなお店にしたいのか」ということについて、最初の段階で夫婦でしっかりと話し合い、イメージングしておくことが大切です。

サロンの経営が軌道に乗るまでの間には、さまざまな困難やトラブルが待ち受けています。コンセプトを初期段階でしっかり決めておくことは、そのようなことが起きても挫折することなく、望むゴールへと近づいていくための心強い手助けとなってくれるはずです。

資金調達

サロンを開業する際には、物件を借りるための費用・美容器材の購入・広告宣伝費などを事前に準備しておく必要があります。一般的にサロンの開業には、およそ400万~600万円ほどは用意しておく必要があるといわれています。もし資金が足りない場合には、各地方自治体の制度融資や日本政策金融公庫、全国信用保証協会連合会などの公的機関からの融資を利用するという手もあります。
また、中小企業庁が行っている「創業支援事業者補助金」などに応募したり、サロンの形態によっては独自の「独立支援制度」が利用できる場合もあります。

物件選び

どんな物件を選ぶかということも、サロンの売り上げに大きく関係してきます。たとえば、テナントのビル内の物件を選ぶのか、自宅も兼ねた物件を選ぶのかということでも選ぶ視点が異なります。
ベストなロケーションは、最寄り駅に近い、あるいはメインストリートに面している1階の物件といわれていますが、近隣に競合店があるかどうかでも大きく変わってきます。物件を選ぶ際には、自分たちがオープンしたいと考えているサロンに合わせていろいろな観点から考えてみることが大切です。

内装や設備選び

物件の内装や設備を選ぶ際は、違うサロンが以前に営業していたものを引き継ぐために、初期費用が抑えられる「居抜き物件」と、何もないところから自分の思い通りに設計できる「スケルトン」の2パターンがあります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、夫婦でしっかり考えて、選ぶようにしましょう。

夫婦経営のメリット・デメリット

今まで雇用される立場だった美容師が夫婦経営でサロンを開業する場合には、今度は経営者サイドに立つことになります。また、それに伴い、雇用されていた頃と比べると環境もかなり変化します。
ではサロンの夫婦経営には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

夫婦経営のメリット

夫婦経営のメリットとしてまず挙げられるのは、税金面での優遇です。サロンオーナーが個人事業主として青色申告をしている場合には、配偶者への給与として「専従者給与」が経費計上できるため、所得税額の負担を抑えることができます。さらに、ほかのスタッフを雇う必要がない場合には人件費がかからず、マイペースでアットホームな雰囲気で仕事ができるほか、個人的な融通がきかせやすい点などが挙げられます。

また、夫婦共に経営者サイドから物事を考えられるので、サロンの経営状況が思わしくない時や困難やトラブルに見舞われた際には、2人で助け合いながら対処できることも大きなメリットです。

夫婦経営のデメリット

一方、夫婦経営のデメリットとしては、プライベートも仕事中も常に一緒であることが挙げられます。
2人とも美容師なのか、1人は事務作業だけを担当しているのかなどによっても状況は多少変わってきますが、人によっては息が詰まってしまいそうになる場合もあるかもしれません。お互いが美容師として働いている場合には、技術面や仕事に対する信条の相違で言い合いになってしまうことも考えられます。また、ほかにスタッフがおらず2人だけで経営している場合には、視野が狭くなってしまう可能性があることもデメリットといえます。

このようなデメリットを避けるためには、経営面・技術面を含めて事前にきちんと話し合い、2人の間でのルールをしっかりと決めておくようにすることが大切です。

夫婦2人で経営を成功させるには

美容師が夫婦経営で独立開業する場合、美容師としての仕事のほかに、お店の管理・集客などを行う必要があります。また、日々の売り上げをしっかり把握しながら、戦略を立てていくことも不可欠です。では、夫婦2人でサロンの経営を成功させるためには、どのようなことを心がければいいのでしょうか。

余裕を持った開業資金を用意しておく

サロンをオープンさせる際には、物件を借りる費用をはじめ、かなりの費用がかかります。また、サロンのオープン後も経営が軌道に乗るまでの間は赤字が続いてしまったり、広告宣伝のための費用などが必要になったりする場合もあるでしょう。そのようなことがあっても挫折しないでサロンを経営していくためには、余裕を持った開業資金を用意しておくことが大切です。

どんなサロンを理想としているのか、ということをしっかりと話し合っておく

夫婦経営のサロンを成功させるためには、お互いが理想とするサロンについてしっかりと話し合っておくことが、より重要となってきます。また、それと同時にサロンの経営についてのお互いの意見を理解しあっておくことも不可欠です。

あらかじめ、役割分担を決めておく

夫婦でサロンを経営する場合には、あらかじめお互いの役割分担をきちんと決めておくことが大切です。夫婦2人とも美容師としてサロンで働く場合には、事務仕事はどちらが担当するのか、家事や子育ての役割分担などについても、前もってしっかりと話し合っておくようにしましょう。

家庭内でのケンカをサロンに持ち込まない

家庭でもサロンでも一緒の空間にいられるということは、夫婦経営の大きなメリットです。でも一緒にいる時間が長すぎると、どんなに仲の良い夫婦であっても時にはケンカをすることもあるでしょう。そんなときに気を付けなければいけないのは、家庭内でのケンカを職場であるサロンには持ち込まないようにすることです。

家庭内でのケンカでも、仕事中にカチンと来ることがあったときでも、「休憩中に仲直りすることを心がける」「ケンカは次の日まで引きずらない」といったような2人の間でのルールを決めておくようにするとよいでしょう。

どんなに忙しくても、どんなに大変な時でも、相手への思いやりを忘れない

経営しているサロンの人気が出て繁盛してくると、仕事に忙殺されて、ほかのことにはなかなか気が回らなくなってしまうこともあるでしょう。逆に、サロンの集客がなかなかうまくいかず、経営が難しくなり、気持ちに余裕がなくなってしまうこともあるかもしれません。
夫婦2人でサロンを経営している場合には、どんな状況に置かれても、私生活でも仕事面でも最大のパートナーである相手への思いやりを忘れない、ということがとても大切です。

美容師が夫婦でサロンを独立開業するためには、費用面だけでなく準備すべきことが数多くあります。夫婦2人でサロンを切り盛りしていくことは、決して楽しいことばかりではなく、時には困難が立ちはだかることがあるかもしれません。でも、それを乗り越えたからこそ得られるメリットや喜びが大きいのも夫婦経営の特徴です。サロンの経営を成功させるためには、常にお互いを思いやる気持ちを忘れず、事前にしっかりと役割分担を決めておくことが大切です。


最新記事の更新情報やサイトからの限定情報を配信しています!いますぐ「友だち追加」ボタンでLINE@に登録!

友だち追加

関連記事一覧