• HOME
  • 独立・開業
  • フランチャイズとは何か|意味や仕組みを初心者でも分かるようにご説明

フランチャイズとは何か|意味や仕組みを初心者でも分かるようにご説明

フランチャイズという言葉はとても聞き慣れた言葉ですが、その仕組みを理解していて、説明ができるという人は少ないと思います。
フランチャイズと聞くとコンビニや飲食店を思い浮かべる人が多いかと思いますが、美容院やフィットネスなど、多種多様な業種がフランチャイズとして開業が可能です。
この記事ではそもそもフランチャイズとは何か、その仕組みを初心者の人でも、わかるように解説します。
自分で美容院やサロンを開業したいと考えている人はぜひフランチャイズという方法があることも、知っておいてください。

フランチャイズの意味

フランチャイズとは、一つのビジネスモデルのこと。
世界初のフランチャイズはアメリカのケンタッキーフライドチキンと言われています。
サービスや商品を提供する側と提供される側が契約を結び、事業を展開していきます。
すでに商材やサービスなどノウハウが確立されているものに取り組めるので、リスクが少なく、初めて開業や独立に踏み切る人には安心感のある事業契約の一つでしょう。

フランチャイズの業種

フランチャイズはコンビニ、飲食店などで活用されることが多いイメージがありますが、他にもフランチャイズ展開している業種はたくさんあり、下記のようなものがあります。

  • 小売業
  • コンビニエンスストア
  • 飲食店
  • 不動産
  • 学習塾など各種スクール
  • 理美容店
  • エステサロン
  • 介護

フランチャイズの仕組み

ここではフランチャイズの仕組みの詳細をお伝えします。
フランチャイザー(本部)とフランチャイジー(加盟店)が契約を結ぶことによって、フランチャイザーからサービス、ブランド力、看板、ノウハウなど販売権を得ます。
その権利のためフランチャイジーはフランチャイザーにロイヤリティ(加盟金)を支払い、その仕組みをフランチャイズと言います。
ノウハウなどをフランチャイザーから提供してもらえるため、今までに経験がなくても、フランチャイズならすぐに開業することができることが大きな特徴となります。

フランチャイズのオーナーとは

フランチャイズのオーナーになるということは、経営者になるということです。
経営者になるということは、収益を自分で作りだす必要があります。
どんなにノウハウやサービスを提供してもらっても、それを生かすも殺すも、オーナー次第。
フランチャイザーから言われたことをただするだけではなく、独自で調査や分析をし、オーナーとして利益を出す責務を果たさなければなりません。
よく店長とオーナーが一緒くたにされますが、雇われ店長とオーナー店長では立場が全く違います。
オーナーは店の責任者であり、経営者です。その役割をしっかりと把握するロイヤリティを考えるようにしましょう。

ロイヤリティとは

先ほども説明しましたが、ロイヤリティとはフランチャイジーがフランチャイザーに販売権を得るために、対価として支払うものです。
ロイヤリティを払うことにより、ブランド力やサービス、ノウハウを提供してもらえます。
そのロイヤリティの払い方は、そのフランチャイザーとの契約によってさまざまです。
一般的に、粗利益のうち何%、売上の何%、毎月一定の額を払うなどの方式がとられていることが多いようです。

フランチャイズ加盟本部

フランチャイズで開業するためには、その企業との契約が必要になってきます。
ただ、取り組みたい業種の企業とやみくもに契約をしたらいいわけではありません。
フランチャイズの契約を結ぶということは、その加盟した本部の理念やノウハウを踏襲していくことになります。
一番大事なことは「本部の考えに共感できるか」ということです。

失敗しないための本部選び

フランチャイズで開業をするために最初にやるべきことは、どこの企業に加盟するか決めることです。
どんなに収益を見込めるような業態でも、その本部の考えや理念が合わないと続けていくことが難しくなります。
ここでは選び方のポイントを説明します。
まず成長が見込める業種か、既存店の成長率や閉鎖率を見て見極めましょう。
収益が得られるのかを見るには、「営業利益率」「投資回収期間」「労働分配率」を確かめる必要があります。
さらに、同業他社に対して競争力があるのかでも判断した方がいいでしょう。
そして、どのようなサポート体制があるのか、しっかり確認が必要です。
アドバイザーがどこまで協力をしてくれるのか細かいところまで事前にチェックし、本当に信頼できると思った本部と契約を結ぶようにしてください。

フランチャイズのメリット

近年、フランチャイズで独立していく人は増加傾向にあります。
それだけフランチャイズにはメリットとなることが多いのでしょう。
ここではどんなメリットがあるのかご紹介します。

ブランド力がありすでに認知されている

すでに有名な企業に加盟すれば、その認知度や人気をそのまま活用できます。

リスクが少ない

すでにノウハウやマニュアルが出来上がっているものを扱うため、初めての開業でも失敗するリスクは少ないです。

サポートが受けられる

フランチャイザーからの手厚い支援サポートがあり、アドバイザー担当者がいるところが多いです。困ったことがあったら相談して、的確なアドバイスを貰えます。

運営に専念できる

商品開発やマニュアルの向上などは、フランチャイザーであるその企業の仕事のため、フランチャイジーはお店の運営、スタッフの育成などにのみ専念できます。

フランチャイズのデメリット

メリットがたくさんあるフランチャイズですが、同時にデメリットももちろん存在します。ここではそのデメリットをご紹介します。契約を結ぶ前に必ず把握しておいてください。

高いロイヤリティが発生する

販売権を得るための対価ですが、そのロイヤリティに利益が圧迫されている場合もあります。

本部の運営方針に従う必要がある

加盟店のため、基本はその本部の運営方法や決められたことを守る必要があります。営業時間や休日も自分で決めることはできません。

他店舗の不正に巻き込まれる

自分の店とは関係ない同名のフランチャイジーが何か不正をして、世に広まってしまった場合、その影響を受ける可能性が高いです。

人気のフランチャイズ募集情報を得る方法

フランチャイズで独立をする場合、まず取り掛かるのはフランチャイズの募集情報を調べることです。
その情報は書籍や雑誌から得ることもできますし、インターネットで調べれば、フランチャイズの募集サイトなども多数あり、簡単に調べることができます。

説明会やセミナーに参加してみる

フランチャイズの募集は簡単に情報を得ることができますが、本当に気になる企業があった場合には、説明会やセミナーに参加することがおすすめです。
無料で土日に開催しているところが多いため、気軽に参加することができます。
そこでは事業内容の詳細や具体的な事例が聞くことができ、イメージが掴みやすくなります。
また、その企業と実際に触れ合うことにより、雰囲気や温度感などを感じることができます。
ぜひ一度契約をする前に情報を集め、疑問などが出た場合はしっかり解消して、検討するようにしてください。

まとめ

フランチャイズの基本的な仕組みをご紹介してきました。
フランチャイズは、すでに成功しているノウハウを提供されるため、美容院やサロンを開業した場合、早めの段階で軌道に乗せやすいなど大きなメリットがあります。
しかし、そのノウハウを上手く使いこなせるかは自分次第です。
早く開業や独立をしたいと思っている人にはおすすめのビジネスモデルですが、フランチャイズで成功する人はどんな人なのか、自分自身の性格と照らし合わせて、踏み切るようにしてください。


最新記事の更新情報やサイトからの限定情報を配信しています!いますぐ「友だち追加」ボタンでLINE@に登録!

友だち追加

関連記事一覧