• HOME
  • 独立・開業
  • フランチャイズの独立開業の情報|経営を始める前に知りたい成功例と失敗例

フランチャイズの独立開業の情報|経営を始める前に知りたい成功例と失敗例

美容師として5年ほど下積みをすると、独立を考える人も多いかと思います。
独立するには、開業資金、集客力、経営のノウハウなど必要なものがたくさんありますが、それらを全て整えて開業しようとすると、準備期間に長い時間がかかるでしょう。
この記事では、何も実績がない人でも取り組みやすい独立の方法として、フランチャイズでの開業について詳しく説明していきたいと思います。
フランチャイズの成功例や失敗例などをご紹介しますので、ぜひ開業方法の参考としてください。

フランチャイズで独立開業

フランチャイズで開業をするということは、すでに認知度の高いビジネスに取り組めるため、リスクが少なく開業から早い段階で軌道に乗せやすいという大きな利点があります。
開業3年で生存率が70%という高い成功率が出ていますが、30%は廃業しているということになります。
間違ってもその30%に入らないよう、開業する前に失敗の原因や改善ポイントなど、しっかり知識を身に付けてから起業をするようにしましょう。

フランチャイズとは

ここではフランチャイズの仕組みについて解説します。
フランチャイズとは、ブランド力をすでに持つフランチャイザー(本部)がフランチャイジー(加盟店)に対して、そのブランド力や商材、経営のノウハウなどあらゆる販売権を提供することです。
フランチャイザーはその販売権を提供する対価として、ロイヤリティ(加盟金)をフランチャイジーから受け取ることが可能です。
すでに確立されている事業をそのまま活用することができるので、0からスタートする個人経営のお店よりリスクが少なく、成功しやすいと言われています。

独立してフランチャイズで起業するメリット

フランチャイズは、まだ起業をしたことがなく経験や知識がない人でも参入しやすいというビジネスモデルですが、他にもたくさんのメリットがあります。具体的には、以下のようなメリットがあります。

  • 知識や経験がなくても開業しやすい
  • 本部のブランド力を活用できる
  • 確立されている経営ノウハウが提供される
  • 本部の集客支援が受けられる
  • 経営に関して相談ができ、的確なアドバイスを貰える
  • 低資金で開業できる
  • 銀行などの融資を受けやすい

独立してフランチャイズで起業するデメリット

起業するにあたってたくさんのメリットがあるフランチャイズですが、デメリットとなる点もありますので、そちらもしっかり把握して事前に対策を考えるようにしましょう。
デメリットについて箇条書きでご説明します。

  • 本部のブランド力が低下すると悪影響を受ける
  • 自分のアイディアが反映されない
  • 運営方法や仕入れ先が制限される
  • 売上に関係なくロイヤリティを払う必要がある

フランチャイズを起業するときの資金

一般的にフランチャイズで開業する場合、個人経営で開業するよりも低資金で済むと言われています。
ここでは、実際にフランチャイズオーナーとして開業している人たちの資金がどれくらいだったのかをまとめました。
まず一番多かった額が、なんと1~100万円未満でした。
次に多かったのが300万~500万円未満です。
金額の差が激しいですが、少ない資金でも開業をしている人がいるということに驚きます。
1~100万円未満という開業するには、資金として心もとない金額でも事業をスタートできるのがフランチャイズのようです。

フランチャイズの独立開業支援

独立や開業をする時には、開業資金が必要になります。
低資金で済む事業もたくさんありますが、資金が潤沢にあるに越したことはありません。
日本には独立や開業を支援しようとする制度がたくさんあります。どういった制度があるか紹介していきます。

日本政策金融公庫の新創業融資制度

こちらは政府が100%出資している国の金融機関の融資制度です。初めて独立や開業する人でも融資が通りやすいと言われています。

自治体による制度融資

こちらは自治体、信用保証協会、金融機関が連携して融資をする仕組みです。金利が他の金融機関より低く、地元の創業者を支援しようとする制度です。

国や自治体による助成金

助成金は融資と違って返済が不要なものです。その地域によってさまざまな支援制度があるため、創業地域になる自治体や区のHPをよく確認するといいでしょう。

0円からでも独立起業を目指せる

独立するにあたり開業資金がかかるのは当然のことですが、すべての資金を自分で貯めることを待っているといつまでも開業に踏み切れません。
資金がない状態でも開業できるよう、開業資金を全額立て替える制度を敷いている企業もあるので、早く開業したいと考えている人はその制度を持つ企業のフランチャイジーになるといいでしょう。
他に資金がなくても開業する方法として、開業資金0円で始められるフランチャイズに取り組む方法があります。
パソコンがあれば始められるサービス業など、一部0円からでも開業できるビジネスは確かにあります。

フランチャイズでの独立の成功率

冒頭でも説明しましたが、フランチャイズは他のビジネスモデルに比べると大変高い成功率を誇っています。
開業から3年で存続しているお店が70%という数字は、それだけ優れたビジネスモデルということだと考えられます。
しかし、高い成功率の裏で30%の店舗は廃業しているという事実があるので、フランチャイズであれば成功できるという甘い考えで取り組むことは危険です。

経営が失敗する原因

フランチャイズで失敗する原因で一番多いと言われているのが資金不足です。
フランチャイズ契約には加盟料の他にも諸経費が必要になり、思ったより出費が多いそうです。
自己資金だけではなく、融資を受けるなどなるべく多く資金を集めるようにしましょう。
次に多い失敗の原因と言われているのは能力不足です。
経営の経験がなく勢いで始める人も多く、いくらノウハウが完備されていると言っても、能力不足では失敗してしまいます。
自分の能力を過信せず謙虚に学ぶことが大切です。

経営を成功させるポイント

フランチャイズオーナーによくある傾向が、本部への依存心が高いということです。
しかし、オーナーがその姿勢では経営は上手くいきません。
フランチャイズという経営を成功させるためには、あるポイントがあります。
まず、アントレプレナーシップを持つこと。アントレプレナーシップとは企業家精神のことで、一人のオーナーとして自分の店舗の運営や売り上げに責任を持つことが必要です。

次に、家族の理解を得ること。店舗経営には家族の援助が不可欠です。人手不足になったときなどに、家族の手を借りて運営できたという話が多々あります。

最後に、加盟店として素直さを持つこと。どこのフランチャイザーにもスーパーバイザーというサポートをしてくれる役割の人がいます。その人との関係性作りが大きな鍵となります。スーパーバイザーからすると、クレームばかり言う人より素直にアドバイスを受け入れ行動するオーナーに力を貸したいと思うことは当然のことです。

独立のためのフェアやセミナーで学ぶ

フランチャイズの情報を得るためにおすすめなのが、フェアやセミナーなどのイベントに参加することです。
フランチャイズでの独立を検討中の人に向けて、イベントが開催されています。
このイベントに参加することで、ネットでは見つけられないような情報を得ることができたり、オーナーとしての勉強ができたり有意義な時間になります。
本気で開業を考える人は、ぜひ自身の足を使って情報収集することをおすすめします。

まとめ

フランチャイズで独立をすることは、低資金で、場合によっては0円からでも開業できることから、美容師として独立を夢見る人など、誰にでも現実的な方法かと思います。
しかしリスクが少ないとはいえ、提供されるノウハウなどに胡坐をかくようでは失敗する可能性も十分あります。
事前に、加盟しようと考えている企業の研究を綿密に行うようにしましょう。
事業内容、サポート体制、店舗の立地場所、成功例や失敗例など、あらゆることを調べた上で、信頼できると思えた事業に参入することが成功率を各段に高めるかと思います。


最新記事の更新情報やサイトからの限定情報を配信しています!いますぐ「友だち追加」ボタンでLINE@に登録!

友だち追加

関連記事一覧