• HOME
  • 独立・開業
  • フランチャイズのメリット・デメリットを紹介!独立するために知っておきたい知識

フランチャイズのメリット・デメリットを紹介!独立するために知っておきたい知識

近年、フランチャイズで独立や開業をしようとしている人が増加傾向にあります。
多種多様な業種でフランチャイズが展開されているため、美容院やサロンを開きたいという人にも、フランチャイズで独立する方法は大いにありえます。
この記事では、フランチャイズのメリットやデメリットを詳しくご紹介します。
独立を考える時にフランチャイズという方法を検討するためにも、まずはフランチャイズについて知る必要がありますので、ぜひ参考にしてください。

フランチャイズとは

フランチャイザー(本部)とフランチャイジー(加盟店)が契約を結び、事業を展開していくビジネス形態のことをフランチャイズと言います。
契約を結んだフランチャイジーは、フランチャイザーが持つ商品やサービス、ノウハウなどの販売権を得て、それに対してロイヤリティを支払い事業ができます。
その仕組みを使えば、リスクが少なく開業や独立ができるため契約をする人が多いのです。
特に経営に対して知識や経験がない人でも取り組みやすいビジネスモデルと言えます。

フランチャイズのメリット

さまざまな業界がフランチャイズで店舗を拡大していますが、フランチャイズにするメリットとは何があるのでしょうか?
ここではそのメリットについて、詳しく説明していきます。

既存ブランドのブランド力をもって販売できる

すでに定着しているブランド力を持って経営がスタートできます。
店名や看板を見ただけでどんなサービスが受けられるか分かるほど、世間にイメージが広がっているため、お客さまを呼びやすいです。
自分でブランドを浸透させる必要なく、世に広まっているものを活用できるため、軌道に乗るのも早いと言われています。

フランチャイザーから事業ノウハウを指導してもらえる

すでに確立されているノウハウやマニュアルがフランチャイザーから提供されます。
そのため経験などなくても、安心して事業に参入ができます。
だいたいどこのフランチャイザーにもアドバイザーが設置されており、店舗の運営について質問や相談ができる仕組みがあります。
その仕組みを活用し、一人で抱え込まずに助けを求められることは大きな利点となります。

商品は本部が仕入れるので、商品を安定供給できる

本部が仕入れなどの販路を全て持っているので、新しく開拓する必要はなく供給されます。
さらに、本部は直営店やフランチャイズの全店舗にも仕入れしているため、大量仕入れを行なっています。なので、コストが安くなっていることが多いです。
自分で販路を見出して仕入するより、コストを抑えることができます。

0から自分で開業するよりもハードルが低い

自分一人で開業しようとすると、商材からサービスや仕入先、店舗場所、マニュアルまで全てを自分で用意する必要があります。
けれども、フランチャイズならこれまで蓄積されたノウハウを使うことができ、準備期間が少なく開業することができます。
経営の経験がなくとも、事業をノウハウ通りにやれば軌道に乗せやすいです。

個人経営に比べて少ない資金で始められる

個人経営の場合、開業資金に1000万以上かけて店舗を出す人が少なくありません。
対するフランチャイズでは、本部によって店舗の代金や設備の費用を払ってくれるところもあり、開業資金を抑えて事業をスタートできることがあります。
また自ら商品開発など新たなものに投資する費用も必要もないので、始めてからも運営の方に集中してお金を使うことができます。

フランチャイズのデメリット

たくさんのメリットがあるフランチャイズですが、そのメリットが大きい分、特徴的なデメリットもあります。
ここではデメリットについて解説します。事前にデメリットを知り、対策を練りましょう。

立地条件によっては不利な条件がつく

店舗ビジネスをやる上で、「成功の6~8割は立地にかかっている」と言われるほど、立地はとても重要なポイントです。
しかし、その重要な立地が元々決められていたり、自分一人の意向では決められなかったりします。
立地によって不利な運営状況になることも考えられるので、契約する前に立地がどこになるか、しっかり把握してから契約をするようにしてください。

フランチャイザーのブランド力が直接影響する

フランチャイジーは、フランチャイザーのブランド力をそのまま利用できるという利点があります。
けれども、裏を返せばフランチャイザーのイメージがダイレクトに影響します。
もし、何かしらニュースになってしまい、ブランドに負のイメージが広がるとフランチャイジーもイメージダウンになり、客足に影響が出ることが考えられます。

フランチャイザーの業績がそのまま影響する

もしフランチャイザーの業績が不振に陥り、弱体してしまった場合、フランチャイジーもそのまま影響を受けます。
フランチャイザーから十分なサポートを貰えなくなるなど、フランチャイジーも弱体化していく傾向にあります。
業績が良い時はいい影響を貰えますが、悪い時もそれだけ悪い影響を受けてしまいやすくなります。

フランチャイジーの自由が効かない場合がある

開業した場合、独立したオーナーにはなりますが、フランチャイザーに加盟している形なので、その経営方針に従う必要があります。
自分のアイディアや、新しく商品を開発したいなどの希望は通らないことの方が多いです。
また、営業時間や休日も決められていることがほとんどで、自分がオーナーといえど自由度は低いです。

売上金額に関わらずロイヤリティを支払わなければならない

フランチャイズ契約を結ぶには、ロイヤリティを払う必要があります。
その販売権を得るために必須な対価ですが、そのロイヤリティの支払い方はその企業によってさまざまです。
売上や粗利益の一部を支払う形や、毎月固定の額を支払う方法などがあります。
ロイヤリティは、一般的に高く設定されていることが多いです。
しかし、いくらノウハウを借りても経営が上手くいかないときはあります。
その時にも当然ロイヤリティの支払い義務は発生するため、そのロイヤリティに経営が圧迫されることもあります。

まとめ

フランチャイズのメリットとデメリットを紹介してきました。
フランチャイズにすることで得られるメリットは大きいです。
しかし、どんなにビジネスモデルが優れていても、それを生かせるかは自分の腕にかかってきます。
フランチャイズという形態で成功しようと思うなら、本部の意向にしっかり沿いながらも、自分でもどうしたらより業績が上がっていくか考える必要があります。
もし本当にフランチャイズで美容院やサロンといった店舗経営を検討するなら、メリットとデメリットをどちらもしっかりと把握しましょう。
さらにそのフランチャイザーとなる企業の情報を集めて、慎重に契約を結ぶようにしてください。


最新記事の更新情報やサイトからの限定情報を配信しています!いますぐ「友だち追加」ボタンでLINE@に登録!

友だち追加

関連記事一覧