フランチャイズの店舗と直営店の違いとその仕組みをご説明

フランチャイズと直営店の違いを、みなさんはわかりますか?
どちらもよく聞く言葉ですし、なんとなくイメージがつくという方は多いかと思いますが、その仕組みの違いを説明できるという人は少ないでしょう。
けれども両者の違いを説明できることは、将来的に美容師として独立や開業を考えている人が経営していく上で必要な知識になります。
この記事では、フランチャイズと直営店の違い、その意味や仕組み、双方のメリットやデメリットをご紹介します。開業前にぜひ知識を身に付けてください。

フランチャイズ店とは

店舗経営している企業が同一ブランドのお店を複数運営していくことを、チェーン展開といいます。
フランチャイズとはそのチェーン展開している一つの形で、フランチャイズ店はフランチャイザー(本部)に加盟するという形態です。
フランチャイズ店の特徴は、目でわかるものではありませんが、その一店舗一店舗にオーナーがいることです。
本部とは別の会社や個人事業主がその店舗を経営しているのです。
加盟するには高い加盟料を払う必要がありますが、フランチャイズ店は年々増加しています。
それにはそれだけメリットがあるからです。次項でフランチャイズの詳しい仕組みを説明します。

フランチャイズ店の意味とその仕組み

フランチャイズとは、フランチャイザー(本部)が持つ、商材やサービス、経営ノウハウなどパッケージ化された販売権を、ロイヤリティ(加盟金)を支払うことによりフランチャイジー(加盟店)が使えるようになるという仕組みです。
フランチャイザーが持つブランド力をそのまま使って店舗経営ができるため、失敗するリスクが少ないことから、契約を結ぼうとするオーナーがたくさんいます。

直営店とは

チェーン店の中の一つに直営店という形態があります。
直営店とはその店舗の運営をしている本部が直接投資して自社の社員で運営している店舗のことです。レギュラーチェーンとも呼ばれています。
フランチャイズの場合、店舗と本部が全くの別会社でしたが、直営店に関しては、本部も店舗も同一会社になります。次項で直営店の仕組みについて詳しく解説します。

直営店の意味とその仕組み

直営店とは、本部が直接運営している店舗のことをいいます。
店舗で働く従業員も自社の従業員です。
本部が直接運営しているので店舗との契約がないため、もちろん契約料やロイヤリティは発生しません。
直営店が出した利益はそのまま本部の利益になります。

フランチャイズ店と直営店の違い

フランチャイズ店と直営店それぞれについて解説してきました。ここではその違いをまとめます。
フランチャイズは本部とは全く別会社や個人事業主が本部に対してロイヤリティを払い、運営します。
それに対し、直営店は本部が直接運営するので、本部と同一会社になります。
働いている人も本部が直接雇用している従業員が店舗運営をします。
直接運営しているので、フランチャイズのようにロイヤリティを払う必要はありませんし、得た収益はそのまま本部の収益になります。

フランチャイズのメリットとデメリット

フランチャイズの主なメリットとデメリットは以下となっています。

〈加盟店のメリット〉

  • 本部のブランド力を持つことができる
  • 材料や資材などの供給を受けられ、店舗の販売活動に専念しやすい
  • 経験者でなくても店舗経営を行える

〈加盟店のデメリット〉

  • 出店地域による需要の影響を受けやすい
  • 本部や他店舗が不祥事を起こすとイメージダウンにつながる
  • 運営システムが標準化されており、経営者の独自性を出しにくい

直営店のメリットとデメリット

直営店の主なメリットとデメリットは以下となっています。

〈直営店のメリット〉

  • 店舗の売上がすべて自社の収益になる
  • 現場の指導や改善を行いやすい
  • 経営方針の転換が合った際に対応しやすい

〈直営店のデメリット〉

  • 資金力がないと多店舗展開しづらい
  • 店舗拡大の際に手間がかかる
  • 設備投資にも資金がかかり専念できない

ボランタリーチェーンという形態もある

チェーン展開していくにあたって、直営店やフランチャイズの他にボランタリーチェーンというものがあります。
ボランタリーチェーンはフランチャイズに似ていると言われる形態ですが、フランチャイズよりとてもゆるやかな仕組みとなっています。
フランチャイズの場合は、経営のノウハウを提供され本部からのサポート体制もありますが、ボランタリーチェーンは、仕入れのみ共同で行い、それ以外は一任されることが多いです。
オリジナルの商品を開発するなど、自由な運営ができます。
決まり事などがないためオーナーの自由な発想で店舗経営できますが、ノウハウやサポートを受けることがないので、フランチャイズより経営手腕が問われると言われています。

フランチャイズ店経営の成功と失敗

フランチャイズは本部のブランド力や経営のノウハウをそのまま踏襲できるので、失敗のリスクが低いと言われています。
しかし、成功率が高いなかでも、廃業していく店舗があるのも事実です。ここでは成功する人と失敗する人の違いをご紹介します。

まず、フランチャイズ経営に向いている人は、素直にアドバイスを受け入れられる人と言われています。
本部からきたスーパーバイザーの言葉を、プライドなどを置き、聞き入れる必要があります。だからと言ってすべて本部任せにせず、改善方法を自分で考えることも重要です。
本部の決まりごとに沿ってコツコツと努力できる人は、フランチャイズで成功できる可能性が高いです。
逆に失敗する人は、経営の経験を持ち、自分の考えで判断してしまう人が多いです。
自分の考えを押し通すことはフランチャイズの経営には向いていません。
また、問題や悩みを自分で抱え込んでしまう人も上手くいかないため、アドバイスを求めるようにしましょう。

まとめ

フランチャイズと直営店の違いについて説明してきました。

同じお店の名前で、見た目にはわかりませんが、その中は全く違う会社が運営していることが多いです。
フランチャイズか直営店かどうかは、お客として入る場合には大した違いはないかもしれませんが、働く人にとっては大きな差があるものです。
今後美容師として独立する時に、フランチャイズという形で開業することになるかもしれません。
そして事業が拡大していく中で、いつかはチェーン展開していく経営者になることもあるでしょう。
チェーン展開していく時に、直営店にするか、フランチャイズにするかの経営判断はとても大切な要素です。
たくさんの知識を身に付け、最善の判断ができることを願っています。


最新記事の更新情報やサイトからの限定情報を配信しています!いますぐ「友だち追加」ボタンでLINE@に登録!

友だち追加

関連記事一覧