• HOME
  • 独立・開業
  • フリーランスに開業届は必要か|開業届を出す時のポイントやメリットを解説

フリーランスに開業届は必要か|開業届を出す時のポイントやメリットを解説

近年働き方の多様化で、フリーランスとして会社などに所属せず、個人で仕事をしたり、会社に勤めながら副業をしたりする人が増えてきました。
美容師としてキャリアを積み、独立を考える人もいるかと思います。
この記事ではフリーランスとして独立した時に、どんな手続きを取る必要があるのかご紹介します。
そもそも開業届とは出す必要があるものなのか、開業届を出すことのメリットなども合わせてご紹介します。

フリーランスの開業届の要否

フリーランスになった時にみなさん迷われるのが、開業届の出し方ではないでしょうか?今まで会社員をやってきて、フリーランスになるとなった時に、どんな手続きをとっていいのかわからないのは当然です。開業届を出すことは義務と思われている方も多いようですが、実はフリーランスになったからと言って開業届を出す義務は特にありません。
提出しなかったからと言って罰則もないので、出すか出さないかは個人の自由になります。しかし開業届を出すことによって得られるメリットがあるので、迷っているなら提出することをおすすめしたいと思います。

フリーランスで開業届を出すメリット

青色確定申告ができる

開業届を出した場合、確定申告の際に青色申告ができます。青色申告は、白色申告より税金控除額が大きく最高65万円の特別控除を受けることができます。さらに赤字を3年間繰り越して経費として計上することもでき、大きな節税対策になります。

屋号名で銀行口座が開設できる

個人事業主と認められると、屋号名で銀行口座を開設できるようになります。取引先とやり取りするときに屋号を使うことで、社会的な信頼性が高まります。仕事用の通帳として一つにまとめておくことは、今後確定申告をする時にもわかりやすくておすすめです。

小規模企業共済に加盟できる

個人事業主と認められれば、個人事業主などを対象とした小規模企業共済に加盟できるようになります。加盟することにより積み立て式の退職金制度を活用できます。
個人事業主は会社に所属していないので、退職金などはないと思われている人も多いですが、実は個人事業主や経営者のための保証制度が用意されています。

フリーランスで開業届を出すデメリット

失業保険が受け取れなくなる

開業届を提出すると、受理された時点で個人事業主として扱われるため、失業保険が受け取れなくなります。
もし個人事業主として働くか、再就職するかで迷っているなら、開業届を提出しない方がいいと思います。もし開業届を出して、失業保険を受け取ってしまうと不正受給になってしまうので注意しましょう。

扶養から外れる可能性がある

社会保険の扶養に入るには年間の収入が130万円未満という条件があります。しかし、開業届を提出すると130万円以内でも扶養から外れてしまう場合があります。

開業届を提出する時期

ご紹介してきた通り、開業届を提出することにはメリットとなることが多いです。社会的な信頼性を高めるためにも、開業届を出すことはフリーランスとして仕事をしていくために必要な手続きであると言えます。開業届を提出する時期に関しては、原則開業してから1カ月以内とされています。ですが、開業後1カ月を過ぎてから提出しても特に問題はありません。

フリーランスの開業届の出し方

では、ここから実際にその開業届の提出の仕方を解説していきます。書類の提出というと複雑で難しいとイメージされる人も多いですが、開業届に関してはとても簡易なものなので、安心してください。

国税庁のHPからダウンロードできる

開業届は国税庁のホームページからダウンロードできます。さらにそのままパソコンで入力をすることができるので、簡単で時間もかかりません。

開業日の書き方

開業日を記入しますが、開業日に関しては厳密に決まりがありません。初めて仕事をした日、事務所を開いた日、初めて給料が入った日、など自分自身で決めることができます。自分がフリーランスだと思った日が開業日になります。

職業欄の書き方

職業欄は「日本標準職業分類」を参考に書くことをおすすめします。フリーランスとして働き、利益が大きくなると個人事業税が課せられるようになります。この税は職業によって税率が異なるので、職業欄への記入は適切なものを選ぶようにしましょう。

屋号について

個人事業主として登録する際、屋号も一緒に登録できます。特に記入の義務はありませんが、屋号があると社会的な信頼度が増すので、つけることをおすすめします。
できるだけ、屋号を見ただけでどんな事業をしているのかわかる方がいいと言われています。今後利益をもっと上げたり、もっと事業を展開したりしていきたいと考えているなら、ぜひこだわってつけてみてください。

青色申告の方法

個人事業主になると税金控除額の大きい青色確定申告を出すことができ、節税になります。その青色申告をするためには、「所得税の青色申告承認申請書」を事業所、自宅の場合は自宅の最寄りの税務署へ提出しておく必要があります。この申請書は税務署で入手することができ、国税庁のホームページからもダウンロードできます。
青色申告承認申請書の提出時期には注意しなければならない点があります。新規事業を開業した場合は2カ月以内に提出しなければ、その年度分は青色申告ができなくなります。申請書は開業届と一緒に提出するのがおすすめです。

開業届の提出先

開業届は自身のお店や、お店がない場合は自宅の管轄の税務署に提出します。提出は直接持っていく手渡しもできますし、郵送で提出しても問題ありません。手渡しの方が、不備などあった場合にその場で修正して提出できるので、手間が少なくて済むこともあります。

まとめ

フリーランスとして開業する際の開業届について詳しく説明してきました。開業届を提出する必要は特にない、ということには驚きでしたね。しかし、提出することによって得られるメリットはとても大きいかと思います。
今後個人の美容師として、さらに利益を上げていきたい、事業を拡大していきたいと考えている人なら、開業届を出して屋号を登録した方が、より社会から認知されやすくなります。取引先と屋号でやり取りをすると、信頼度が上がります。開業届を出すことによって、フリーランスとして働いていく自覚や覚悟が芽生えやすくなる人も多いようです。フリーランスとして働くからには、開業届を提出することをおすすめします。


最新記事の更新情報やサイトからの限定情報を配信しています!いますぐ「友だち追加」ボタンでLINE@に登録!

友だち追加

関連記事一覧