• HOME
  • 独立・開業
  • 開業届を出すことのメリットとは|デメリットも合わせて解説!

開業届を出すことのメリットとは|デメリットも合わせて解説!

近年では、美容師の中にもフリーランスという働き方が広まりつつあります。
雇われの身として働き続けていても拘束時間が長く収入も伸びにくいため、フリーランスとして活動をすることでキャリアアップを図るという選択肢を取る方が増えているようです。

フリーランスということは、個人事業主として美容師の事業を行うことになります。
個人事業主の立場に身を置くと、「開業届」をどうすればいいのだろうかと悩む方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、開業届を出すことによるメリットとデメリットにはどのようなものがあるのか詳しく解説していきたいと思います。

フリーランスになることを考えている美容師の方はぜひ参考にしてみてください。

開業届は義務ではないが出すとメリットがある

個人事業主が事業を始めると、開業した日から1か月以内に開業届を税務署に届け出ることになっています。
しかし、提出が1か月以内という期限を過ぎてしまったり、そもそも開業届を出していなかったりしても、特別な罰則を受けるわけではありません。
そのため、開業届の提出は個人事業主の義務というわけではないようです。

しかし、開業届を出しておくことで得られるメリットがいくつかあります。
そのためフリーランスとして活動することを考えている方は、基本的には開業届を提出することがオススメとなります。

開業届を出すメリット

先ほども述べたように、開業届を提出することでいくつかのメリットを得ることができます。
開業届自体は、記入に特別な知識がいるわけでもなく簡単に提出することができるので、メリットがある以上出しておいた方がいいのではないでしょうか。

では、そのメリットとはどういったものなのでしょうか。
ここからは開業届提出のメリットを紹介していきます。

青色申告で節税になる

開業届を提出すると、「青色申告承認申請書」を出すことができるようになります。
この申請書を提出した個人事業主は、年度末の確定申告で「青色申告」を選ぶことができます。
青色申告は、もう一つの確定申告の方法「白色申告」に比べて、多少手間は増えますが税制上の大きな特典を獲得することができます。

その中でも最大の特典が「青色申告特別控除」です。
この特別控除は、条件を満たせば最大65万円の控除を受けることができるというものです。
多くの個人事業主にとって、65万円分の控除はかなり魅力的ですよね。

開業届を出している個人事業主は、無料で税理士に相談できる機会も得やすいので、青色申告は難しいのではないかと身構えず節税に活用しましょう。

赤字を繰り越せる

開業届を提出して、青色申告を選ぶことができるようになるメリットは他にもあります。
そのうちの一つが、赤字を繰り越せるというものです。
白色申告では繰り越せない赤字を翌年から最大3年まで繰り越すことができます。
開業したての方は初期投資などもあるので特に恩恵を受けやすいのではないでしょうか。

屋号専用の口座を開設できる

開業届には、「屋号」を記入する箇所があります。
屋号とは、個人事業主としての自分が名乗る名前です。
例えば、「○○商店」や「〇〇建築」といったものが屋号に当たります。

この屋号を使用した口座を開設できるようになるというのも開業届を出すことで得られるメリットです。
プライベートで使う口座と、仕事で使う口座を分けられれば経費などの管理もやりやすくなりますね。

事業所得として申告できる

開業届を提出すると、フリーランスでの事業の収入を「事業所得」として申告することが認められやすくなります。
雑所得などではなく、事業所得として扱うことができることによる利点もあるので、これもメリットです。
フリーランスの仕事が副業の場合は、事業所得と認められる基準が厳しくなるので注意してください。

家族への給料を経費にできる

家族に対して支払っている給料を経費に計上できるようになります。
白色申告では、給料の一部しか経費にできません。
開業届と青色申告承認申請書を出して、青色申告を行っているからこそ可能な節税に当たります。
これも、開業届を出して青色申告を行うことによるメリットです。

小規模企業共済を利用できる

開業届を出していると、「小規模企業共済」への加入ができます。
小規模企業共済というのは、個人事業主やフリーランスを対象にした積み立て式の退職金のようなものです。
共済への掛け金は全額控除対処になるので節税効果があるうえに、廃業するときや年を取って引退するときの備えとしても活用できます。

開業届を出すデメリット

開業届を提出すると、青色申告による税制上の特典をはじめ、さまざまなメリットを得られます。
しかしその反面、開業届を出すことによるデメリットが存在することも事実です。
ここでは、開業届提出のデメリットを紹介していきます。

失業保険を受けられなくなる

開業届を出すということは個人事業主として事業を行っているという扱いになります。
そのため、再就職する意思のある失業者という立場ではなくなってしまうのです。
失業保険を受け取っている方は、開業届を出すと受け取ることができなくなるので出さない方が良い場合もあります。
また開業届を出したあとも失業保険をもらっている場合は不正受給なので気をつけてください。

確定申告をしていない場合に指摘される

開業届を出しているということは、税務署に個人事業主として事業を行っているということを届け出ている状態になります。
それなのに確定申告を行っていない場合、本来義務である確定申告を怠っているので連絡を受けることがあります。
また、場合によっては脱税とみなされるかもしれません。

ちなみに、専業の場合は年間38万円以上、副業の場合は年間20万円以上の所得があると確定申告の義務が生じます。
開業届を出しているフリーランスの美容師はそもそも確定申告しなければならないのであまり関係ないかもしれませんが、一応覚えておきましょう。

合計所得が130万円未満でも扶養から外れることがある

開業届を提出した個人事業主は、扶養の対象として扱われないケースが多いようです。
社会保険の場合は、年間合計所得金額が130万円未満の場合は扶養に入ることになります。
しかし開業届を出していると、130万円未満の所得であっても扶養から外れてしまうことがあるので気をつけてください。

扶養から外れてしまうと問題があるという方は、開業届提出によるメリットと見比べたうえで出さないでおくという選択肢も有りなのかもしれません。

まとめ

フリーランスの美容師として活動する方は、個人事業主という扱いになります。
そして個人事業主は、事業を開始してから1か月以内に「開業届」を提出することになっています。
ただしこの開業届は、出していなくても罰則はなく義務というわけではありません。

しかし、開業届を出すと屋号で口座を作ることができるようになったり、青色申告を選べるようになったりとさまざまなメリットが存在します。
特に青色申告をすることで、最大65万円の青色申告特別控除を受け取ることができるほか、赤字の繰り越しや家族へ支払う給与を経費にすることが可能になるなど、税制上でかなり有利に事業を行うことができます。
もちろん開業届を出すことで生まれるデメリットも存在はしますが、基本的にメリットの方が大きいので、フリーランスになったら早めに開業届を出すことをオススメします。


最新記事の更新情報やサイトからの限定情報を配信しています!いますぐ「友だち追加」ボタンでLINE@に登録!

友だち追加

関連記事一覧