• HOME
  • 独立・開業
  • 個人事業主やフリーランスの屋号とは|必要なシーンや決め方を例で紹介

個人事業主やフリーランスの屋号とは|必要なシーンや決め方を例で紹介

近年では、美容師の中にもフリーランスとして活動する道を選ぶ人が増えてきています。
特定の美容院に雇われているわけではないため固定給がなく不安定な面もありますが、拘束時間が長く賃金水準が低い雇われの身を避けて、フリーランスとしてキャリアアップを図ろうとしているのです。

こうしたフリーランスや個人事業主として活動する人の悩みの種の一つが、「屋号」をどうするのかという問題です。
会社であれば社名を決めればいいですし、自分のサロンを開くのであれば店舗の名前を決めることができます。
しかし、個人で活動する立場においては屋号を使った方が良いのか、必要なのかいまいち分からず、悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、フリーランス美容師が悩んでいる屋号の問題を詳しく解説していきたいと思います。

屋号とは

そもそも「屋号」とは一体何なのでしょうか。

屋号は、個人が事業を行う際に使う名前です。社名の個人版という認識で問題ないでしょう。

屋号は必ずいるのか

屋号は、個人で事業を営む際に自由に決めて構いません。絶対に必要というわけではないので、活動をする中で「屋号あった方が便利だな」と思ったときに決めるぐらいの感覚で大丈夫です。
実際に、屋号をつけずに自分の名前をそのまま使っているフリーランスの方も多いようです。

屋号のメリット

フリーランスでも屋号を決めない場合は、基本的に自分の名前を使うことになります。
ただ「佐藤 太郎」のような名前だけでは、名乗ってもどういった仕事をしているのか伝わりにくくなります。
その点、事業内容が分かりやすい屋号を決めていれば、名乗るだけでどんな職業なのか相手にイメージが伝わりやすくなります。また、自分の名前だけで活動するよりも、屋号を名乗った方が社会的信頼を獲得できるケースもあります。

逆に屋号をつけることによるデメリットはほとんど存在しないので、悩んでいる方はとりあえず屋号をつけてみるという選択肢をとっても良いかもしれませんね。

屋号が必要となるシーン

実際に、決めた屋号を使うのは次のような場面です。

  • 名刺
  • 店の看板
  • HP(ホームページ)
  • 領収書

こうしたシーンで屋号を名乗る方が良いのではないかと感じる方は、屋号を考えてもいいかもしれません。

屋号の決め方

ここからは、自分も屋号を決めたいと考えている方のために、屋号の決め方のコツを紹介していきます。

コンセプトが伝わりやすい

そもそも屋号は、自分の名前では伝わりにくい事業内容を伝えるためにあります。そのため、自分がやっていることのコンセプトが伝わりやすい名前を選びましょう。
自分の名前に仕事内容を付け加えただけのシンプルな屋号は、分かりやすいためオススメです。

読みやすい・言いやすい

屋号は、自分で名乗ったり、人に読んでもらったりする機会が多くなります。そのため、読みやすく言いやすい名前にしましょう。
フリーランスの美容師の場合は、おしゃれな印象を与える屋号をつけたいと思う方も多いかもしれません。
しかし、凝った屋号をつけようとして、なかなか読めない漢字や外国語を使うのはオススメできません。
横文字の屋号にする場合でも、読みやすいものの方が無難でしょう。簡単な英単語を組み合わせた造語を屋号にしているパターンも結構あるようです。
誰でも読める屋号を選びましょう。

覚えやすい

短くて覚えやすいというのも大事なポイントです。
せっかく自己紹介して名刺を渡しても、長々とした屋号ではなかなか覚えてもらえません。
短くまとめて覚えやすいものにしましょう。

屋号の参考例

ここでは、さまざまな屋号の例を紹介します。
自分の屋号を決めるときの参考にしてみてください。

①自分の名前+仕事内容のパターン
「〇〇工房」、「○○建築」、「○○商店」、「○○会計事務所」、「○○企画」、「○○研究所」、「○○製作所」など。
美容師の場合は、「○○」サロン、「○○」スタジオなどがあります。

②読みやすさを重視した屋号
鵜飼さん店主の「うかい精肉店」など、難しい漢字はひらがなで表記するという手法はオススメです。

屋号の注意点

自分の屋号を決めるときに注意しなくてならない点がいくつかあります。
ここでは、屋号に関する注意事項を整理していきます。

つけてはいけない屋号

「〇〇会社」、「○○法人」のような屋号は禁止されています。個人事業主なのに法人と誤解されるような屋号はつけてはいけないのです。
他にも、「銀行」や「証券」といった単語は使うことができません。
また、すでに商標登録されている名前を屋号にするのは避けた方が良いでしょう。
後々のトラブルのもとになるかもしれません。

なお、事業内容が同じ場合や、活動する土地が同じ場合でなければ、基本的に屋号は他と被っていても問題ありません。

使用できない文字

屋号に使用できる文字は、次の通りです。

  • 漢字
  • ひらがな
  • カタカナ
  • ローマ字(大文字・小文字)
  • 数字
  • 記号(「&」(アンパサンド)、「‘」(アポストロフィ)、「,」(コンマ)、「‐」(ハイフン)、「.」(ピリオド)、「・」(中点))

これに含まれない文字については屋号に使うことができないので注意してください。

屋号の変更

屋号を一度決めた後で、やっぱり他の屋号にしたいと心変わりすることもあるかもしれません。
その場合、開業届を改めて提出することで屋号を変更できます。法人に比べて、簡単に屋号を変えられるのはメリットです。後で変更もできると思えば、気軽に屋号を決められます。

屋号の登録方法

屋号が決まったら次は、関係官庁で必要な届け出などをして屋号を登録しましょう。

①税務署への登録

まず、税務署への登録です。
税務署への登録をする場合は、個人事業主の開業届に屋号を記載するだけで完了です。これは税務署側の管理のために登録するもので、特に拘束力のようなものはありません。

②法務局への登録

法務局に対する「商号登記」というものもあります。
この登録をすれば屋号が法的に認められるので、屋号付きの口座を開設しやすくなったり、法人化する場合に備えて屋号を保護できたりというメリットがあります。
商号登記をするには、実印と印鑑証明書、印鑑届出書、商号登記申請書などととともに登記料として3万円が必要になります。
費用はかかりますが、自分の屋号を法的に守るためにも、法務局へ屋号を登録しておきましょう。

③特許庁への登録

また、特許庁で「商標登録」することもできます。
個人で活動するだけなら基本的にはしなくても問題ありません。
ただ、自身の屋号にブランド力がついてきた場合は、その名前を活かした商品の販売などを行うこともあるかもしれません。
そうした場合に備えて、知名度のある屋号は商標登録しておくことをオススメします。

まとめ

個人事業主やフリーランスが使う屋号は、個人版の社名のようなものです。自分の名前で仕事をしていても問題はなく、必ず決めなければならないというものではありません。
しかし、自分の仕事内容にあった良い屋号を名乗れば、名前を今まで以上に覚えてもらうことができるようになるかもしれません。屋号をつけた方が良いかもしれないと思った方は、この記事を参考に屋号を決めて登録しましょう。


最新記事の更新情報やサイトからの限定情報を配信しています!いますぐ「友だち追加」ボタンでLINE@に登録!

友だち追加

関連記事一覧